《巻き爪専門院コアバリュー》

 

コアバリューとは「切らない!痛くない!巻き爪専門院」が重要とする価値観であり、巻き爪事業理念ビジョン基づいた「巻き爪の専門」であることの意義、信条こだわりです。
巻き爪患者様のためになるサービスを新たに創り出すための原動力としており、社員一同のこのコアバリューを指標として行動や意思決定をしております。

巻き爪専門店の追求

巻き爪専門院 全国28院の多店舗経営

巻き爪、陥入爪、変形爪(爪甲鉤彎症や肥厚爪)で悩まれる方を1人でも多く救いたい想いで【切らない!痛くない!専門院グループ】は全国展開。
またこれからも巻き爪矯正院を1院でも増やし、足を満たす文字通りで本当の「満足」を提供し、全国の足からの健康に貢献する。多店舗化により、より近くの巻き爪矯正院へ通院いただけるというアクセスの良さを提供する。同じグループであるからこそ信頼した施術者のいる巻き爪専門院への転院紹介を可能にし、患者様の引っ越し転院も安心。

ただし、目指すのは最大規模の巻き爪専門院ではなく、”最高”の巻き爪専門院。最高を求める結果として日本一最大の巻き爪専門院となる。

巻き爪施術21万回の実績

巻き爪を専門として、多店舗にて、数多くの爪症状に施術対応しているという経験実績自体も安心・信頼の要素になりますが、その経験で得られる知識や技術ノウハウを技術者同士で共有することでさらに良い巻き爪矯正サービスを提供できることを強みとする。

※通算施術回数と店舗数は2022年3月時点の数値です。

医療との連携

医療機関、病院医師との提携やコネクションを大切にし、患者様にとって最善の治療や矯正方法を提案、必要に応じて医師の紹介を行うなどスムーズな治療と解決を実現を心がける。
※医療処置を要する巻き爪/陥入爪の患者様を率先し受け入れていただける病院先/医師も募集しています。

サービス方法の追求

道具の追求 自社開発の巻き爪矯正器具『F/Tブレイス®︎』

切らない!痛くない!巻き爪の矯正器具『F/Tブレイス®︎』は自社での経験と改良を重ねて作り上げたもの。巻き爪だけでなく、深爪した陥入爪、肥厚爪や爪甲鉤彎症などにも矯正対応可能。患者様のことを親身になって考え、痛みがない施術で効果を得られるよう思いを込めて開発したもの。

患者様の痛みや不安の負担を減らすだけでなく、最大限の効果を維持したまま、最高コストパフォーマンスを提供できるようにする。また、料金とサービスを追求するため、これからも巻き爪矯正器具や道具などの追求、研究、開発は常にし続ける。

他にはないもの

「どこでもある、どこでもできる」→「他にはない、他ではできない」を追求する。巻き爪患者様が「ここでもいい」ではなく「ここじゃないとだめ」と言ってくれる巻き爪専門院を目指す。

「足からの健康」において世界を変えるという使命感をもち、新しい常識を作り出す

 

巻き爪矯正方法はこちらへ

親しみの追求

親切さ 丁寧な説明と接客

どのような方法でどのように改善が可能かを丁寧に説明する。納得する説明、納得する施術効果が安心と信頼を生み出す。笑顔、信頼、そして治った時の感動を一緒に共感することを忘れない。笑顔で対応し、患者様にも笑顔で帰っていただけるような施術と接客をする。

企業らしさよりも人間らしさ

企業らしさよりも人間らしさを大切にする。店舗がいかに増えようとも1店舗1店舗を大切にする。そこに来院される患者様一人ひとりを大切にする。患者様に対応するのは企業ではなく、巻き爪技療士という一人の人間が向き合うことで人間らしい対応ができる。

技術的に矯正効果を出すのは当たり前、大切なのはその先

初回のカウンセリングを大切にする。表面的な問題の「巻き爪」をなおすだけでなく、患者様の人柄、習慣、生活背景を理解したからこそできる巻き爪のカウンセリングと巻き爪再発予防のアドバイスを徹底し、QOLや健康の実現を追求する。
足靴の問題から生じた爪という問題を”入口”にして総合的観点で一人の患者様の健康の問題を解き明かす。爪・足・靴・歩行と健康に対する意識を啓蒙する。初見のカウンセリングを大切にするのはこのためである。

巻き爪専門院 親切な説明

 

安心と信頼の追求

切らない!痛くない!巻き爪専門院のロゴブランド

品質の印、安心して矯正を受けられるブランドマークでありたい。ただ標準化するのではなく、高い水準を標準化して当院の「当たり前」にしたい。「初回の痛みが取れた!もっと早く来ればよかった」という巻き爪患者様の効果体験を大切にしたい。そのような巻き爪患者様をたくさん作れるように「このロゴの巻き爪矯正院なら大丈夫!」「安心して通える」そのように選んでいただけるブランドマークを目指し、巻き爪治療難民「0」ゼロを目指す。

切らない!痛くない!巻き爪専門院商標ロゴトップ画像

 

巻き爪専門家の追求

日本一難関の巻き爪資格 巻き爪技療士®︎

巻き爪をなおすのは道具ではなく、人がなおすもの。スタッフは日本一取得が難しい巻き爪矯正の資格は当院の「巻き爪技療士®︎」。他社の巻き爪矯正器具の取り扱い資格取得は数日〜数週間程度のもの。しかし、我々は数年という時間を経て取得できる難関の資格である。

「私たちの手でもできる」→「私たちの手だからできる」→「私たちでないとできない」を目指す。

サービスも技術も、自己満足しない、現状維持に逃避しない、うぬぼれないという”常に現状に満足しない”姿勢を保つ。

巻き爪技療士商標とスタッフ

 

技術の追求 経験と知識の共有

社内全社員が一堂に会し、技術向上のための勉強会を行う。また、定期的に遠隔による勉強会を開き、巻き爪症例を共有しながら意見を出し合う。

常に技術の向上を追求する姿勢を保つことが、我々を頼って来てくれる患者さまのためになると自覚する。専門性というのは、常に磨き続ける必要がある。「これでいい」「これで十分」は存在しない。常に新しい知識と広い見識を養う。爪だけでなく、足部、脚部、体と全体から物を言えるように学び続ける。

巻き爪施術勉強会風景

 

 

社会貢献への追求

寄付による社会貢献

決して大きなものでなくても良い、会社として、巻き爪患者様に対してはもちろん、患者様以外の方々、地域社会にも少しでも貢献していく。
これからも寄付による社会貢献は継続していく。また、従業員一人ひとりが巻き爪患者さまの悩みを解消すること、そして社会貢献への一端を担っている自覚を持って日々精進する。特に、こども病院への寄付、シングルマザー家庭のお子さんのための募金などこれから社会を担う子供たちへの寄付を積極的に行いたい。

巻き爪矯正院 寄付活動

イベント開催や講師活動での社会貢献

これまで市民センターや施設などで巻き爪や陥入爪、肥厚爪や爪甲鉤彎爪などで悩まれている方を対象に、自社開発の巻き爪矯正器具による巻き爪矯正法のPR活動、また、巻き爪に関わる生活習慣や足靴環境、関節症などによる病的原因からくる外反母趾などの講師活動を行っている。
コロナ化において開催を控える状況が続いているが、今後も活動を行い、巻き爪で悩んでいる方々をはじめ、足トラブルで悩まれている方々へのお力になれるよう社会貢献を行っていく。

巻き爪矯正院 CSR活動の様子

 

我々は以上を追求します。

これからも、いつまでも

切らない!痛くない!巻き爪専門院 運営株式会社アステラ

代表取締役 寺建 文博

巻き爪技療士求人募集

 

サイトトップへ戻る

 

PAGE TOP