巻き爪の種類と症状について(陥入爪、弯曲爪、爪甲鉤弯症)

埼玉巻き爪矯正院の浦和院担当の吉田です、こんにちは。

皆さんは「巻き爪」の事はご存じですか?殆どの人は聞いたことはあるとは思いますが、実際どういうものなのか知らない人も自分の爪を見ながら読んでみてください。爪が変形するトラブルというのは巻き爪だ毛ではなく

 

巻き爪とは

 巻き爪とは爪の両端が内側に曲がり込んでいる状態です。最も負荷のかかる足の親指に症状がでることが多く、軽度も含めると10人に1人は巻き爪になってしまっているとも言われています。しかし初期の場合気づかないことが多く、その状態を放置すると痛みを伴ったり、皮膚に食い込み化膿し肉芽(赤く腫れ上がる状態)が形成させている場合もあります。こうなると歩く事も儘ならなくなってしまうこともあります。こうならないためにも早めに気付き対処することをオススメします。

 

巻き爪の種類と症状について

巻き爪は医学的に三種類に分けることができます。湾曲爪、陥入爪、爪甲鈎弯症です。

湾曲爪は一般的に言われている巻き爪と呼ばれているものになります。

放っておくと痛みを伴う場合がありますが、巻きの程度と痛みは比例しません。その為自分では気付き難く、痛みが出てから気付く場合も多いです。

陥入爪はその中でも爪が皮膚に食い込んでいる状態を言います。赤く腫れ膿が出たり痛みを伴うことが多いのが特徴です。痛いからと爪の両端を切ってしまうと伸びた時に刺さり込み更に切ってしまうという悪循環に陥るケースが多いです。痛みが出たら爪は切らず、早めに対処しましょう。

爪甲鈎弯症は爪が厚くなり前方に鈎の様に湾曲している状態を言います。色は黄褐色や黒褐色に混濁します。爪の表面には横筋がみられ厚みがあるのが特徴です。症状が進行すると厚くなった爪が皮膚を圧迫したり、隣の指の皮膚にに当たり痛みが出る場合があります。

進行した爪甲鈎弯症は治療が難しいのが現状です。こちらも早めの処置ごオススメです。爪の色や伸び、厚みなど少しでもおかしいなと思ったら直ぐに治療を開始しましょう。

いかがだったでしょうか?少しでも巻いていたり、厚みが出てしまっていたら気づかないうちに進行してしまっていることも多いです。これらの三種類の巻き爪、湾曲爪、陥入爪、爪甲鈎弯症に該当される方、何か少しでも違和感や相談がありましたら埼玉県巻き爪矯正院 浦和院へご来院下さい。

【浦和院】浦和駅から徒歩9分(県庁前)

営業時間:10:00-19:00
さいたま市浦和区高砂3-8-5 ハウス第五高砂1階


ネット予約 浦和院はこちらから
https://airrsv.net/saitamamakitume-urawa/calendar

電話お問合せは、
各院の電話開通するまで、
大宮院 048-762-7223へ

 

浦和の巻き爪専門院「陥入爪は成長期の子どもに多い?」

爪のトラブルと言えば、巻き爪・陥入爪、肥厚爪・鈎彎爪などが挙げられ、連日相談に来られる方が増えています。今回は特に10代の成長期の子どもに多い陥入爪についてお話したいと思います。

陥入爪はここ埼玉でも悩んでいる方が非常に多く、特に子どもに多いですが、子どもに限らず薄い爪や幅の大きい爪、指の皮膚の盛り上がりが大きい方も陥入爪になりやすい傾向があります。

 

そもそも陥入爪とは?

 

陥入爪とは爪が皮膚の側爪郭(爪のサイド部分)に刺さり込み、痛みや炎症を起こしている状態をいいます。放っておくと悪化が進み、改善に時間がかかることもある非常に厄介なものです。

それに比べ巻き爪は爪が横方向に湾曲して刺さりこんでいく状態をいい、陥入爪とは区別しています。

当院が勧める矯正法

まずは根本原因である刺さりこんでいる爪を改善する必要があります。

長期放置したり我慢したりして特に化膿が酷い場合は皮膚科で塗り薬や飲み薬を処方してもらうことを勧める場合も稀にありますが、基本的には安全な矯正法によって改善していきます。ですから悪化する前の早めの処置を勧めているわけです。

 

当院で採用している矯正法は特殊プレートの特徴

・手術ではないのでほとんど痛くありません

・プレート装着後、すぐに痛みを軽減

・靴や歩行に制約がありません

・当日お風呂も入れ、生活に支障がありません

・プレート自体は目立たなく邪魔になりません

 

原因と予防方法は?

  • 間違った爪の切り方・整え方

陥入爪の大きな原因として深爪の癖がある人や爪先をむしってしまうお子さんなどが多いです。深爪がなぜいけないかというと、深爪にすることで爪先端の支えがなくなり、その状態で歩いたり指に負荷がかかった時に、更に深く刺さりこんでいきます。

 

  • どのような爪の形がベストか?

爪の先がほぼまっすぐで、両サイドの角に軽く丸みをつけた「スクエア型」がベストです。角があることで、指先に負荷がかかっても、爪が皮膚に食い込みにくくなります。長さは指先と同じぐらいが良いです。とにかく角を短く切り落とさないことです。また、深爪が良くないことを知っていてやたらと伸ばしている方も見受けられますが、長すぎる爪も巻き爪や陥入爪の原因になりえますし、長い分ぶつかりやすくケガの原因にもなります。爪の整え方ひとつで悪化している方もいますので正しい整え方は必須です。

  • 間違った靴の選び方・履き方

サイズの小さい靴を履いていると過度な圧迫により爪が刺さりこみやすくなります。

それが悪いとわかっていて大きめの靴を履いたり、紐を緩めて履いている人が多いですが、大きい靴や緩い靴がいいかというとこれも良くありません。靴の中で足が滑りこみ指先に負担がかかります。また、紐をゆるめて爪先「トントン」で脱ぎ履きしているお子さんを良く見かけます。陥入爪のお子さんの大体はそういった靴の履き方、脱ぎ方をしています。

親御さんはまず、お子さんの靴のサイズ、履き方をチェックしてみてください。

上記の通り、当院は皮膚を切ったり爪をなど落とすなどの外科的手術ではなく、巻き爪専門院としてフットケア技法による特殊プレートを用いての矯正を行っておりますのでご安心して相談ください。

 

【浦和院】浦和駅から徒歩9分(県庁前)

営業時間:10:00-19:00
さいたま市浦和区高砂3-8-5 ハウス第五高砂1階


ネット予約 浦和院はこちらから
https://airrsv.net/saitamamakitume-urawa/calendar

電話お問合せは、
各院の電話開通するまで、
大宮院 048-762-7223へ

 

浦和区で巻き爪を治せる病院をお探しの方!手術ではない矯正法もあります

浦和区にお住まいで巻き爪でお悩みの方、まずは病院を受診することを考えるのではないでしょうか?ごく一般的で当然の考えと思います。実は病院以外での処置方法もあります。まずは比較のために病院での主な処置方法とそれ以外の方法をお伝えします。

まず病院での処置と言えば外科的手術が主流です。

●病院での主な処置方法

・外科手術はまず、保険が適用され、治療期間が短期間で済みます。金銭的・期間的にも患者さんにとって負担が少ないのがメリットです。

あと手術の特徴と言えば何と言っても痛いことです。手術経験者の皆さんが口を揃えておっしゃっるのが「すごく痛かった」という率直な感想です。

・皮膚に食い込んでいる巻き爪や刺さりこんでいる陥入爪の側爪部の痛い部分を切除し、その部分を縫合する鬼塚法、同じく、切除した部分を根元から薬品(フェノール)で、爪を作り出す爪母細胞を焼いて生えてこないようにするフェノール法があります。

また、麻酔注射自体が非常に痛いというのが特徴です。

人によってはきれいに処置されている場合もありますが、中には処置不良で一部の爪がトゲ状に生えてきたり、残った爪がまた巻いてきたり様々です。

手術以外の巻き爪矯正法

 ・手術とは違い皮膚を切ったり、爪を切り上げたりはせず、爪自体を矯正する方法です。

矯正法にはワイヤー、プレート、クリップ、テープ、シールなど様々ありますが、市販でも売っているようなものはお手軽ですがすぐに取れたり、重度の爪には難しいようです。

・マチワイヤー矯正法

爪の先端に穴を開け、そこに金属製のワイヤーを通して矯正する方法です。基本的に痛みがなく、処置したその日から日常生活に支障なく過ごせます。ただ、爪が短いと使用できないので、爪をのばさなくてはいけなく、爪先がぶつかりやすくワイヤー自体も引っかかりやすいのが特徴です。

・プレート矯正法

皮膚を切ったり爪を切り込んだりする必要がなく、爪の表面にプレートを貼りつけて行う安全な矯正法です。プレートを適切な位置に貼り付け可能で加工もしやすいので目立たなく邪魔にならないのが特徴です。ワイヤー、プレートともに保険はきかず、程度によって矯正期間が必要です。

当院が採用しているのがこのプレート矯正法です。

・アクリルガター法

爪に端と皮膚の間に医療用チューブを差し込み痛みを緩和させる。患部の負担は軽減されるが、巻き爪自体の改善は見込めません。早期に外れてしまう場合があります。保険適用外となります。

それぞれの処置方法の特徴とメリット・デメリットを理解した上で選択する

外科的手術と手術以外の矯正法、または自分でする様々な対処方法などがありますが、それぞれの特徴、メリット・デメリットを理解した上で、治療方法の選択をすることが望まれます。

当院では巻き爪の矯正はもちろんのこと、爪が皮膚に刺さり込んで痛みや炎症を引き起こしている陥入爪や爪が厚く硬くなる爪甲鉤湾症(肥厚爪)、タコ・ウオノメの処置、巻き爪の原因にもなる外反母趾や浮き指などの足トラブルのアプローチで根本原因の見直しもアドバイスしております。お悩みの方は我慢せずに早めの処置をおすすめしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

【浦和院】浦和駅から徒歩9分(県庁前)

営業時間:10:00-19:00
さいたま市浦和区高砂3-8-5 ハウス第五高砂1階


ネット予約 浦和院
https://airrsv.net/saitamamakitume-urawa/calendar

電話お問合せは、
各院の電話開通するまで、
大宮院 048-762-7223へ

 

浦和区の巻き爪専門院が行う陥入爪の改善と根本原因のアドバイス

埼玉巻き爪矯正院 浦和院では、巻き爪専門院として巻き爪の改善はもちろん、皮膚に刺さり込んで酷い場合は痛みや炎症を引き起こす陥入爪、高齢者に多い肥厚爪・爪甲鈎彎爪などの爪トラブルをはじめ、タコ・ウオノメや外反母趾・浮き指などの足トラブルのご相談もお受けしています。

陥入爪は薄い爪や幅の大きい爪の方、靴の間違った選び方、履き方、激しいスポーツをしている方、足に負担のかかる職業など成人の方ももちろん悩んでいる方は多いですが、特に成長期の子どもに多くみられます。陥入爪は痛みや炎症を引き起こしやすく、酷くなると改善に時間がかかる場合がありますので非常に厄介です。

 

陥入爪と巻き爪の区別

陥入爪とは深爪やケガなどで爪が皮膚の側爪部に刺さり込み、痛みや炎症を起こしている状態をいいます。それに対して巻き爪はその名の通り、皮膚にくるんと巻いて刺さり込んでいく状態をいいます。陥入爪と巻き爪は似ていますが、爪の形状自体の違いや、なりやすい人の特徴や症状の出方で区別しています。

 

原因と予防方法は?

・ケガなどで爪が欠けたり剥がれたことが原因に

指先に負荷がかかり、爪が欠けてしまうと爪先の支えがなくなり皮膚に陥入しやすくなります。特にスポーツをしている方や足に負担のある職業の方はそのケガ自体が原因となりますし、仮に爪が剥がれた場合は新しく生えてきた爪がうまく生えてこなく、陥入したり変形したりしやすくなるようです。その状態で指先に負担をかけるので更に悪化しやすくなります。

 

・予防法の一つとして重要なのが靴の選び方、履き方

靴が小さすぎても大きすぎてもいけません。ヒールやパンプスなど先の細い靴や小さな靴がいけないと大きめの靴を履いている方がいますがどちらも間違いです。正しいサイズ選びとして、かかとをしっかり合わせた状態で紐をしっかり結び、甲の部分を固定し、全指が動くように0.7㎝~1.0cmぐらいの隙間があるのが最適です。成長期のお子さんはいつの間にか靴が小さくなったり、すぐ大きくなるからといって大きめに靴を履いていたりしますので注意が必要です。

 

・深爪、むしる癖、必要以上にのばしたままにしている

深爪のくせがあったり、むしる癖があると爪が短いことで陥入しやすくなります。深爪が良くないと知ってのばしている方も見受けられますが、のびすぎた爪はぶつかりやすくケガの原因になりますので良くありません。

 

・正しい爪の整え方が重要

形としては爪の先がほぼまっすぐで、両サイドの角に軽く丸みをつけたいわゆる「スクエア型」がべストです。角があることで支えになり、指先に負荷がかかっても、爪が皮膚に食い込みにくくなります。長さは指先と同じぐらいが良いです。

埼玉巻き爪矯正院 浦和院ではカウンセリングから個人に合わせた根本原因を見直すアドバイスも行っております。陥入爪は悪化してしまうと酷い痛みや炎症を伴います。放置するとさらに悪化して改善に時間がかかることがありますので、とにかく早めの処置をおすすめします。上記のように自身で対処しても改善が見られない場合や、すでに陥入が進み、対処が難しい場合はぜひ埼玉巻き爪矯正院【浦和院】へご相談ください。

 

【浦和院】浦和駅から徒歩9分(県庁前)

営業時間:10:00-19:00
さいたま市浦和区高砂3-8-5 ハウス第五高砂1階


ネット予約 浦和院
https://airrsv.net/saitamamakitume-urawa/calendar

電話お問合せは、
各院の電話開通するまで、
大宮院 048-762-7223へ

 

さいたま市浦和の巻き爪専門院「巻き爪は手術だけでなく矯正で改善する事もできます!」

巻き爪は、病院で手術する以外ないのでは?・・・とお困りの方もいらっしゃるかと思います。

答えは・・・

NO

巻き爪は手術以外でも改善する事が出来ます!

少し爪が巻いている軽度の巻き爪の場合は、自身でコットンや脱脂綿を巻いている爪の先端に詰めて痛みを軽減させる「コットンパッキング法」や、爪がくい込んでいる部分の皮膚を下へ引っ張り下げ、痛みを軽減させる「テーピング法」などがあります。

しかし、中度や重度の巻き爪や、爪の形状、厚みなどによっては効果がでにくかったり、改善が難しいこともあるようです。

中度重度の巻き爪などで、コットンパッキングなどが出来ない場合は、巻いている爪を平たい状態に戻す「矯正」が有効になります。

巻き爪や陥入爪の矯正方法にも以下のように様々あります。

・B/Sスパンゲ

・ペディグラス

・マチワイヤー

・マチクリップ

・VHO

・ツメフラ法

・ドクターショールの「巻き爪用クリップ」  ・・・etc

爪の表面にプレートを貼って矯正する方法や、爪先の白い部分に穴をあけてワイヤーを通し平たくしていく方法。爪の先端にクリップを付けて平たくする方法など。

矯正方法が様々ある分、それぞれの特徴を理解し、自分に合った矯正方法を見つける事も大切です。

当院では、特殊なプレートを爪の表面に貼り、爪を平たい状態にしていく矯正を行っております。

巻き爪矯正は一度で改善するものではなく、何度か矯正をする必要があります。

矯正の回数は、対応している場所や巻き爪になっている方の爪の状態により様々ですが、当院の場合は、たいだい3~5回で改善する方がほとんどです。

なお、痛みは症状により1回目から軽減することも可能です。

また、巻き爪矯正だけでなく、普段の生活習慣の見直しも必要となってくる場合が多々あります。

例えば、爪の切り方。爪の端がくい込んできて痛みが出るからと、角を斜めに深く切ったりしていませんか?

もちろん爪の角を切ると、食い込んでいた部分が無くなるため痛みはなくなります。

しかし、その痛みが無くなるのは一時的です。

爪は、もともと巻く性質を持っています。足の指の場合、指先までしっかりついて歩くことにより、下からの圧力が加わるため、巻こうとする爪が押し返され状態を維持することが出来ます。

しかし、下からの圧力が無くなってくると爪の巻く力のみが強くなり巻き爪になります。

そのため、深爪した爪が伸びてきた際は、巻きながら伸びてくるためまた痛みが出てしまう・・・の繰り返しになってしまいます。

巻き爪矯正をして爪の状態が良くなっても、日常生活を見直さなければまた再発してしまう可能性もありますので、巻き爪矯正がゴールではなく、日常生活の見直しのスタートだと考えてもらえたらと思います。

【浦和院】浦和駅から徒歩9分(県庁前)

営業時間:10:00-19:00
さいたま市浦和区高砂3-8-5 ハウス第五高砂1階


ネット予約 浦和院
https://airrsv.net/saitamamakitume-urawa/calendar

電話お問合せは、
各院の電話開通するまで、
大宮院 048-762-7223へ

2/10さいたま市浦和区に巻き爪専門院オープン!埼玉巻き爪矯正院 浦和院

さいたま市浦和区で巻き爪や陥入爪、変形爪でのお悩みは埼玉巻き爪矯正院浦和院をご利用ください。
2020年2月10日より浦和院開院します。

巻き爪専門で手術とは違い切開しない、爪を剥がさない、痛くない!切らない!方法で巻き爪矯正。

VHOや巻き爪ワイヤー矯正でも治らなかった爪
病院で治療したけど炎症や肉芽が再発してしまう痛む陥入爪
厚く肥厚してしまった爪
などお任せください。

【浦和院】浦和駅から徒歩9分(県庁前)

営業時間:10:00-19:00
さいたま市浦和区高砂3-8-5 ハウス第五高砂1階
ネット予約 浦和院
https://airrsv.net/saitamamakitume-urawa/calendar

電話お問合せは、
各院の電話開通するまで、
大宮院 048-762-7223まで