陥入爪や湾曲爪の治療は何科の病院へいけばいいか?埼玉巻き爪矯正院 大宮院の回答

巻き爪、陥入爪や変形爪のお悩みの相談の専門家

足の親指の爪が皮膚に刺さり込んで、食い込んで痛い巻き爪や陥入爪は治療するとなると病院は何科にいけばいいのですかという質問を受けることがあります。皮膚が痛くなるから皮膚科に行く方、爪を切ったり手術が必要となるかもしれないから外科に行く方、色々思いつきますがどこの科が一番で正しいということはありません。

皮膚科のケース

皮膚の炎症や化膿など起こす前の段階においては、医師によっても対応法はそれぞれ違いますが、皮膚科医師であれば、塗り薬、爪の角を切り落とす処置、抗生物質といったもので皮膚異常を治めるアプローチをすることが傾向として多いようです。肉芽を形成するような腫れの場合には硝酸銀や液体窒素で患部を焼くような凍結法もとる場合もあります。

整形外科のケース

軽度の巻き爪の場合はVの字に爪切りでその都度痛みを軽減させる。重度の巻き爪や陥入でひどい場合は、鬼塚法やフェノール法と呼ばれる爪の幅を狭める手術、爪を全部抜き取る抜去などといった対応が多いようです。

※切らない!痛くない!巻き爪専門院グループの患者様からのヒアリング結果に基づいた統計です。

共通する点

共通するのは、痛いけど炎症を起こしてないとか、皮膚側に異常がないと経過観察のみだったり、テーピングの対応するだけというのが一般的のようです。もちろん巻き爪のワイヤー矯正を行なっている病院は数少ないですが、そういったところでは矯正という方法で対応してくれるのですが。

埼玉巻き爪矯正院としても、また提携する医療機関の医師の方々の意見としても

まずは自分で判断しない、自分で処置しないことが大切だと考えております。

自分での爪切りやネット情報での根拠のない巻き爪セルフケアは危険です。

何科に行くか悩むよりも、どのように治療すればいいか悩んでいるよりもまずは早めに専門院である当院へご相談くださいね。

PAGE TOP