巻き爪や陥入爪とは何か、化膿し痛む足の指の正しい対処法 埼玉巻き爪矯正院

埼玉巻き爪矯正院 大宮院 のの字重度巻き爪

巻き爪とは

巻き爪とは正式には陥入爪、爪甲鉤弯症、湾曲爪など爪の形により名称が変わるのですが、

足の指(特に親指)にある爪の両端が、だんだんと内側へ湾曲していき、曲がった爪がどんどん側爪郭(皮膚)へ食い込んでいきます。痛みが出始めることはもちろん、赤くなり炎症や膿をもつほどになることもあります。放置しすぎると歩行が困難になるほど爪が刺さり込んで皮膚が化膿することもあります。患者さんでも多いのは、今はまだ時々痛む程度だから処置しなくても大丈夫と考えている方です。

巻き爪の医療機関での治療例

皮膚科や整形外科などの医療機関で巻き爪で実際に通院された方からお話を聞くと

巻き爪や陥入爪が酷くなり化膿してしまってから通院しお医者さんに通って飲み薬、抗生物質や塗り薬による薬による治療方法、硝酸銀を用いた凍結方法による治療などでは改善があまり良くならないことが多いようです。中には数ヶ月以上、長い例では2年以上化膿が続いている方もいます。長期炎症や化膿から爪床(そうしょう)といって爪と皮膚がくっついている部分が剥離してしまうことがあります。結果として、爪も劣化して割れやすくなったり、緑膿菌が発生してグリーンネイルになっている例も見られます。

 一番の対策は陥入爪や巻き爪に気がついたら、あまり我慢せず巻き爪矯正をして形を整え根本的な解決をすることです。化膿してないから、痛くないからと思っているうちに進行して痛くなり化膿してしまうことがありますので要注意です。自分で爪を切って爪の角を落として痛みをしのいでるから大丈夫というのも悪化させる可能性が非常に高いので危険です。もちろん、化膿したり炎症を起こすと治療や矯正は改善に時間もかかります。何より痛いですしね。結果として費用もかさむし、痛みによる負担も大きくなるのです。

切らないで、痛くないで巻き爪矯正ができるうちにぜひ60,000回以上の施術実績のある巻き爪の専門である埼玉巻き爪矯正へご相談ください。当院では医療機関と提携し医療処置の必要な場合かどうかなど適切にアドバイスやご案内できるように医師の意見も取り入れております。まずはお気軽にご相談を。

埼玉巻き爪矯正院 大宮駅より徒歩9分 島忠ホームズさいたま中央店さん向かい
住所: 〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合8-1-13 INGビルディング1F
営業時間:10:00-19:00 定休日:水曜・木曜・祝日
電話: 048-762-7223  詳しくはこちらへ

埼玉巻き爪矯正院 大宮院 院長 寺建文博

PAGE TOP