さいたま市の巻き爪専門院が解説!巻き爪とは何か?症状陥入爪、弯曲爪、爪甲鉤弯症との違い

さいたま巻き爪矯正院弯曲爪症例

そもそも巻き爪って何?

足の親指に爪が食い込んで痛い、なぜだろう?と「巻き爪」という言葉自体知らない方もいらっしゃいますし、埼玉巻き爪矯正院へいらっしゃって初めて「私は巻き爪なんだ!」とお気づきになる方もいらっしゃいます。

そもそも「巻き爪」とはなんなのでしょう。

実は、巻き爪と総称されていますが、医学的にな名称としては

陥入爪(かんにゅうそう)
弯曲爪(わんきょくそう)
爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)

という呼び方がされていて。それぞれ症状や形状により違うのです。

例えば、陥入爪はその名の通り爪の周囲のやわらかい皮膚である側爪郭に食い込んでいく、陥入していき痛みが生じる症状です。弯曲爪「のの字」型に巻き込んでいく、みなさんが思い浮かべる「巻き爪」の形状。年配の方や靴や仕事で足に負荷がかかっている方などに多く見られる爪甲鈎弯症は爪の表面である爪甲が厚くなり色も褐色、黒色に変化したりするものです。当院で一般の方にもわかりやすく呼んでいる「変形爪」というのがこちらに当たります。

陥入爪、弯曲爪、爪甲鈎弯症などのいずれの形状や症状にしても、放っておくと

爪のくい込みがのより痛みがでる
ひょう疽(ひょうそ)といって、爪の周囲にばい菌が付いて炎症や化膿を起こす
歩行が困難になる

という結果につながることになります。

痛くて大変という方はもちろん、違和感を覚えられた段階の早期の巻き爪矯正での対応をオススメします。

まずはお気軽に埼玉巻き爪矯正院 大宮院へ相談を

 

PAGE TOP