さいたま市大宮区で巻き爪・陥入爪のお悩みなら埼玉巻き爪矯正院へ、悪化の主原因は自分での爪切り対処

埼玉巻き爪矯正院 肉芽 陥入爪画像

こんにちは!埼玉巻き爪矯正院です。
皆さんは深爪はなぜダメか知っていますか?

深爪を慢性的にしていると、爪がまるで指先に沈むように埋まっていきます。
この状態の爪を【陥入爪(かんにゅうそう)】と呼んでいますが、
痛いだけでなく皮膚の炎症を引き起こし、肉芽(にくが)を形成してしまうのです。

新陳代謝が活発な方ほど肉芽ができやすく、

当院に通われている方の統計をみても特に若年層の方に多いです。

埼玉巻き爪矯正院 肉芽症例写真

埼玉巻き爪矯正院 肉芽症例写真

この画像の方も深爪をする傾向があり、爪が陥入しています。
もしも陥入爪になっているならば、爪を切りこまず、
痛みがない状態のうちに巻き爪や陥入爪の矯正しましょう!
どうしても痛みが引かない状態になってからの矯正開始では背術自体に痛みが伴いやすいですし、化膿してからだと病院で一度治療をしてから矯正しなくてはいけない場合があったり、改善するまでに時間もかかってしまうこともあります。

陥入爪になる原因や悪化させてしまう原因としてはは
・爪が抜け落ちた
・爪を深爪にしていた
・爪の角や白い部分を切り落とさないと気が済まない
・爪が割れた

などが挙げられます。

陥入爪にならないためには、
深爪をしないということが一番の予防方法です。とは言ってももう爪を伸ばすこともできないほどに陥入爪を悪化させてしまっている方が多いものです。もう自分で爪切りで解決しようとせず

さいたま市大宮駅から徒歩12分、巻き爪や陥入爪など違和感痛みを感じたらすぐに埼玉巻き爪矯正院へ

 

PAGE TOP