さいたま市の巻き爪、陥入爪専門院が教える巻き爪症状セルフチェック

巻き爪イラスト.切らない!痛くない!巻き爪専門院

ご自身の足の爪をしっかりご覧になったことがありますか?
巻き爪や陥入爪で悩んで埼玉巻き爪矯正院へ来院されるお客様の中には、
来院してカウンセリングの中で初めて自分の巻き爪が重度の巻き方だと気付く方がいらっしゃいます。
「痛くはなかったからずっと軽度だと思っていた・・・」
「化膿してはいないから、まだ大丈夫軽度程度、あっても中度
そういうお言葉をよく耳にします。

痛みと巻き爪の程度の関係

実は爪が巻けば巻くほど痛いものではありません。
爪が巻いても皮膚に食い込まず、爪が爪床剥離しながら巻いていく症例。つまりは爪は巻くが、爪と皮膚がくっついてる部分がどんどん剥がれいくように、爪に食い込まず巻いてしまう方もいます。気づいたら筒状になっていたり。

爪が巻く過程で痛くなっては柔軟な爪はそれに合わせて変形し、痛みが収まり、また巻き方が悪化する際に痛みがが発生するような場合。

爪の陥入や巻き方は重度ではないけれど、皮膚に少しでも食い込むと痛みが強くで始めたり。肉芽ができたり、化膿してしまう方もいます

巻き爪の症状のセルフチェック方法

痛みの程度と巻き方の程度は比例しない、おなじではないと考えてください。
巻き方に対しての痛みや化膿、出血の具合などは個人差が非常に大きいです。
なので、痛い痛くないは程度の基準にはなりません。

爪の巻き方や陥入の具合、角度のセルフチェクが客観的な判断をするのに適しているといえるでしょう。
指を写真のような角度から見たときに、爪がどの程度湾曲しているかで判断します

巻き爪 軽度
軽度 巻き爪画像

巻き爪 中度

巻き爪中度症例画像

巻き爪重度

巻き爪症例写真 埼玉巻き爪矯正院 大宮院

陥入爪 は埋もれているため自分でのチェックは難しいので当院での確認をオススメします。

爪を切っていれば痛くない、痛くないから大丈夫は危険な判断です。出血してしまったり、膿んでしまったり、肉芽形成され腫れてしまったりとなる前にしっかりと自分の症状を知ること、適切な治療方法を知ることが大切でしょう。

専門治療院だからこその埼玉巻き爪矯正院は60,000回以上の施術で巻き爪や陥入爪の対応実績豊富です。

もう悩まず爪の悩みは当院で解決しませんか?

詳しくは埼玉巻き爪矯正院大宮院のサイトをご覧ください

PAGE TOP