爪のセルフチェック。爪が白や黒になったらどうしたらいい?

 爪は身体の不調を表すと言われています。ご自身の爪にこれから紹介する症状が出てないか確認しながら読んでみて下さい。

目次

白くなる爪

1.乾燥

 乾燥の主な原因はジェルネイルやペディキュアを外す際の除光液や付けたまま長期間放置してしまうことです。ネイルを落とすのを忘れていざ落とすと、もやっと白い斑点状のものが広がっていることも少なくありません。そうなってしまったら一旦ネイルをお休みしてしっかりオイル等で保湿しましょう。たかが乾燥と放置をしてしまうと爪が脆くなり欠けや割れ、巻き爪の原因となる深爪になってしまう危険があるので注意しましょう。

2.爪白癬

 爪白癬と聞くと難しいように聞こえますが、爪水虫の事です。一般的に水虫と聞くと皮膚が剥けたり、痒みが出たりをイメージすると思いますが、爪に感染すると痒み等の症状は無く初期だと色が白っぽく濁るだけで中々気づけません。そのまま放置してしまうと、どんどん厚くなりボロボロ崩れ易くなります。その結果巻き爪等の変形の原因になってしまう事があります。少しでも気になることがあったらすぐ皮膚科で見てもらいましょう。

3.貧血

 爪は通常ピンク色をしています。これは爪の下の皮膚の色が透けて見えている為で貧血になると赤血球等が不足し白っぽく見える事があります。また貧血の場合爪の中央部分が凹み、先が反り返ったようになるスプーンネイル(匙状爪)も特徴の一つです。

黒くなる爪

1.爪甲帯状色素沈着

 縦に黒い帯状の線が入る症状です。爪をぶつけたり等強い衝撃や圧迫、また真菌感染等の影響で爪床(爪の下の皮膚)のメラニン色素細胞が活発に活動することが原因です。いわゆる皮膚に出来るシミと同じものなので特別問題はありませんが、まれに皮膚癌の可能性もあります。初めは黒子様なものから線状なものもありどんどん大きくなるものや、斑状に広がっていく場合もあります。中々自己判断は難しいので色が濃さや大きさなど明らかに変化してきたら早めに医療機関を受診して下さい。

2.爪下血腫

 内出血の事です。爪に物を落としたり、ぶつけたりすると爪床で内出血がおこり黒く見えます。小さいものなら伸びてくると同時に自然になくなりますが、大きいものだとそれが原因で爪が途中で剥がれてしまう場合があります。そうなると巻き爪肥厚爪(爪が厚くボコボコする)になってしまう可能性もあるので、その様になりそうと思ったら早めに埼玉巻き爪矯正院へご来院をオススメします。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる