埼玉巻き爪矯正院での陥入爪や変形爪の根本原因の改善アドバイス

埼玉巻き爪矯正院大宮院重度の巻き爪患者写真

埼玉巻き爪矯正院では、おかげさまで巻き爪や陥入爪などのくい込む爪や、厚く硬くなる肥厚爪や鈎彎爪といって変形爪などの爪トラブル、たこ・ウオノメ、外反母趾や偏平足などの足トラブルで悩まれてご相談に来られる方が増えています。

埼玉巻き爪矯正院【大宮院】では、巻き爪・陥入爪などの矯正施術はもちろん、
患者様個人に合わせた根本原因から見直すアドバイスをしております。

巻き爪や陥入爪の原因の一例

外反母趾・扁平足などの足の変形
元々、爪は放っておくと湾曲する性質があり、
歩行などで下方向から圧力を受けることで平らな状態を保ちます。
外反母趾、偏平足、ハイアーチ、浮指など足の変形により、
足指を使えないことで筋肉を機能的に使えず、
巻き爪になりやすく、冷え・むくみにも繋がります。

正しい歩行ができていない
けがや疾病が原因で歩行が困難になった方、
歩き方の癖で正しい歩行ができていない方も
足トラブルを引き起こしやすいです。

歩行時間や距離が少ない

買い物に行くときも車で移動、普段もほとんど歩かないという方も
やはり巻き爪、冷え・むくみがみられます。

巻き爪や陥入爪などの根本改善方法の一例

靴やインソールで足の正しい形をつくる
履物を見直し、足裏アーチを整える靴、インソールを選びます。
靴紐をしっかり結んで甲の部分を固定して足と靴を一体化することが重要です。
靴を脱ぎ履きするときそのまま履いていませんか?
きつすぎる靴も良くありませんが、緩く履いているのも足トラブルの原因です。

足の甲部分がしっかりと止められない靴、つまりは靴紐のない靴なども知らず知らずのうちに足を痛める結果となります。

正しい歩き方「3ステップ歩行」をする
かかとから着地→足裏全体着いたと同時に体重移動→最後は指先で蹴る
3ステップ歩行をすることで爪に適度な圧力がかかり巻き爪になりにくくなり、
「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎを使うことでポンピング作用が働き、
血液循環が良くなり、基礎代謝が上がり、冷え・むくみの解消にも繋がります。

巻き爪や陥入爪などの爪トラブル、
外反母趾や扁平足など足トラブルでお悩みの方はぜひ
埼玉巻き爪矯正院【大宮院】へお気軽にご相談ください

【電話番号】 070-5321-3023(担当者直通)
※繋がりにくい時は022-797-4555 (仙台巻き爪矯正院 店舗代表)

ネット予約はこちらから

※注意
・完全予約制となります
・システムの関係上、前々日までの受付となります。またネット予約は反映に時間がかかるため電話予約が優先的に受け付けされます。当日の場合はお電話でお願いいたします。

PAGE TOP