巻き爪の原因と妊娠

巻き爪と妊娠

巻き爪の原因に妊娠がある!?って本当
埼玉巻き爪矯正院【浦和院】の吉田です。
妊娠中に巻き爪が悪化する原因をお話しします。

巻き爪と妊娠

 巻き爪と妊娠が関係あるの?と思うかもしれませんが、実はあるのです。
妊娠自体は関係ありませんが、妊娠による体重増加や歩き方、姿勢の変化により巻き爪が悪化してしまう場合があります。

【体重増加】
通常足には歩く度に体重の1.2倍、走ると3倍もの負荷がかかっています。これは60㎏のひとが1000歩歩いただけでなんと72tもの負荷がかかっていることになります。そんな中、妊娠すると個人差はありますが7~20㎏の体重が増加すると言われています。 足は急激な負荷の増加に耐え切れず、アーチが崩れ、骨格の歪みが生じます。こうなると爪への負荷も大きくなり巻き爪を悪化させることになってしまうのです。

【歩き方の変化】
妊娠すると体重が増えるにつれてお腹を突き出し、ガニ股で後ろに反り返ったような歩き方になります。すると重心は後ろに移り、指が浮いてしまいます。巻き爪の原因でも話したように、爪は元々巻く力があり下からの反発力によって緩やかなアーチを保っているので、その力が受けられなくなり巻いていってしまいます。歩く際は背筋を伸ばしてお腹は軽く引っ込めるイメージを持ち、重心はやや前方に置くように意識するとよいでしょう。

【足のむくみ】
妊娠するとホルモンバランスの変化によって、むくみが生じやすくなります。このようなむくみは生理的浮腫といわれ、これ自体には問題はないといわれていますが、酷い人は普段履いている靴が履けなくなるほどに足の大きさが変わってしまします。このため靴が爪を圧迫し巻き爪になってしまいます。出産するまでの我慢と思わず、すぐに足に合った靴を買いましょう。

【運動不足】
妊娠中は運動不足になりがちです。運動不足も下からの反発力を受けられなくなる原因です。妊娠初期はあまりおすすめしませんが、安定期といわれる妊娠中期は初期流産のリスクも減り、つわりや心身の倦怠感などが収まってからだが動かしやすくなります。適度な運動をすると、お産に必要な筋肉やスタミナ、からだのしなやかさを作ることができるため、安産への助けになりますし、もちろん巻き爪の予防にも効果があります。自分で判断をするのが不安な方や、過去に切迫流産や切迫早産を経験した方は、担当のお医者さんに運動して良いかを必ず確認しましょう。

【爪の切り方】
妊娠中はどうしても足元に手が届きにくいので、爪切りなどの足のケアを怠りがちです。こまめに切るのを面倒がり、伸ばしっぱなしや、深爪にしてしまうと巻き爪になりやすくなってしまします。自分で無理せず家族にやってもらうか、巻き爪専門の当院にご来院下さい。
もし巻き爪になってしまった場合や、何か心配なことがあれば、我慢せず切らない!痛くない!巻き爪専門院まで気軽にお越しに下さい。

巻き爪と妊娠

関連記事

  1. 巻き爪専門院のコロナ対策とGW休み(休業)のお知らせ

  2. 巻き爪と栄養

    巻き爪改善と栄養

  3. 2020年8月17日 湘南巻き爪矯正院 厚木院オープン!

  4. 巻き爪治療と健康寿命

  5. 巻き爪専門院が解説!「浮き指が爪トラブル原因に」

  6. 巻き爪治療のフェノール手術

    巻き爪や陥入爪の治療方法

PAGE TOP